日本みつばち工房

九州を中心として、みつばちを愛し、環境指標生物であるみつばちをテーマに様々な活動していく団体です。

主に日本みつばちを飼育しながら、環境保全や環境教育、地域間交流などを目的として活動しています。

  


更新情報・お知らせ 

www.mitubatikoubou.work Blog Feed

新聞に掲載して頂きました (月, 06 4月 2020)
>> 続きを読む

4月のワークショップ (Wed, 25 Mar 2020)
>> 続きを読む

探索蜂の姿が! (Sat, 14 Mar 2020)
>> 続きを読む

ワークショップの動画UPしました (Fri, 13 Mar 2020)
>> 続きを読む

採蜜の動画をUPしました (Sun, 08 Mar 2020)
>> 続きを読む


キンリョウヘン
キンリョウヘン

日本みつばちを誘引する植物キンリョウヘン。
2000円~3000円の花芽の付いたキンリョウヘンを九州みつばち工房のサロンで販売しています。お電話でご連絡の上お越しください。090-9477-6983(舛本)

日本みつばちの蜜蝋
日本みつばちの蜜蝋

日本みつばちの誘引や蜜蝋クリーム、ワックス作りに使える日本みつばちの蜜蝋を販売しています。

100g1,500円をただいまサロンオープン価格1,000円です!


みつばち愛好家サロン及び蜂蜜などの販売のスペースがあり、ニホンミツバチの巣箱づくり、巣箱の設置、アカリンダニ対策など飼育全般の相談を承りますのでご連絡のうえお出でください。

また、山田緑地産、直方産、京築産、小倉南区産などの日本みつばち蜂蜜やアカシアやレンゲ、ミカンなどの西洋みつばち蜂蜜の販売もしております。


2020年2月毎週土曜日

みつばちワークショップを開催します。

 

2月の内容は日本みつばちの蜜蝋を使用したクリームやワックス作りです。


北九州市近郊でミツバチの駆除をお考えの方へ 
ニホンミツバチの分蜂
ニホンミツバチの分蜂

たくさんのハチが集まっている姿にビックリされるかもしれませんが、この状態のハチたちは非常におとなしく、めったに刺すことはありません。
ミツバチは、群れが大きくなり新しい女王蜂が生まれる、あるいは生まれる直前になると、古い女王蜂がおよそ半分の働き蜂と共に、一斉に巣を飛び出します。
一旦近くの木の枝に固まりになってぶらさがりますが、一日か二日の間に、樹木の洞などの新しい巣作りの場所に向かって、また一斉に移動を始めます。

 

ニホンミツバチは、家の床下や天井裏、お墓などに巣を作ることがあり、特に、天井裏にできた巣は、巣の一部が落下することでシミや腐食の原因となることがあります。

人間の生活範囲にできた巣は、駆除がやむを得ないものもあると思われます。

しかし駆除業者に依頼すると、多くの場合ニホンミツバチは殺虫剤で全滅させられ、ニホンミツバチが懸命に集めたはちみつも無駄になってしまいます。

少しでも巣箱に移して持ち帰り保護が出来れば、環境保護に繋がり、また駆除依頼者、蜜蜂愛好者、蜜蜂にとって円満な関係を築き良い結果を得る事ができます。

 

ニホンミツバチ駆除の相談が寄せられましたら、ぜひ当方にご連絡頂けますようお願い申し上げます。
分蜂したニホンミツバチを、無料で捕獲・保護します。